イエローベースとブルーベースの肌色診断

自分に似合う口紅を選ぶときには、自分の肌ベースの色を知っていると割と簡単に見つけることができます。

日本人の肌色は大きく分けて2つあってイエローベースとブルーベースがあります。さらに細かく分けていくと、イエローベースでも春と秋に分かれ、ブルーベースは夏と冬になります。

それぞれ似合う色があって、その色に沿って選ぶと顔映りが良くて顔から浮いたような感じがしない口紅選びをすることができます。

まず、手始めにパーソナルカラー診断を受けてみましょう。自分がイエローベースの肌色なのか?それとも、ブルーベースの肌色なのかをチェックしておくと後々役立ちます。イエローベースだとオレンジ系やブラウン系の口紅が似合いますし、ブルーベースだとピンク系が似合います。

実際にお化粧品コーナーで試し塗りをしてもらうことが大事です。ブルーベースの人がオレンジ色の口紅を塗ったりすると、顔からオレンジが浮いたような感じになり似合わないことがわかります。手に取ってみて、手の甲に塗っていい色だと思っても、実際に顔に塗ってみないと本当に似合うかどうかはわかりません。

ですから、試し塗りは絶対にしたほうがいいです。

化粧部員の人は口紅を塗るのが上手ですから、綺麗に塗ってくれます。実際に塗ってみて、顔色と合うかどうか、自分に似合っているかどうかを鏡でチェックしてから買うといいです。

手の甲に塗っていい色だと思って買って、実際に自宅でお化粧をしてみたら、似合わなかったということもあります。

口紅を塗る前にリップバームなどを塗ってくれますので、より美しく口紅を塗ってくれて、質感などもよくわかるので、美容部員さんに相談して似合う色を一緒に選ぶことも一つの手です。

マットの感じが欲しいのか、シアーな感じが欲しいのかをはっきりさせて買いに行くと、自分の好みにあった口紅を選ぶことができます。どんなに好きな色でも、自分の顔に合わなかったら諦めることです。意外な色が似合ったりするので、試し塗りは必要です。

化粧水で肌を白くすることは出来るのか?