目が一重なのでアイラインの引き方を勉強中

メイクするのは正直に言って面倒です。メイクがなければ、朝もっと長く寝ていられるからです。とはいえ毎日すっぴんで外を歩くのも抵抗があるので、大学生になってから今に至るまで、毎日メイクをしています。慣れたせいか、前ほどメイクは嫌いではなくなりました。たまにうまくメイクできた時などに、「今日メイクうまくできてるね」とほめてもらえることもあるからかもしれません。

外出先では、周りの女性たちほど頻繁にはメイク直しはしていません。いちいちポーチを持ってお手洗いに行くのも面倒なので、朝メイクするときに崩れにくいように気をつけています。結果メイク直しは1日に1回で済んでいます。1回5分程度です。ただし、鼻はてかりやすいので時々ティッシュで押さえています。

お出かけするときに、メイクポーチが重かったり、パンパンに膨れていると邪魔になってしまうので、そういう時は小さな袋を用意して、そこに化粧直しに必要な最低限のものだけを入れるようにしています。具体的には、ファンデーション、チーク、口紅、アイシャドウなどです。ビューラーはかさばるので、荷物を小さくしたいときはあきらめて家に置いて出かけます。

メイクに慣れはしたものの、上手になったわけではないので、失敗してしまう日も多々あります。そういう時には、周りのおしゃれに敏感な女友達に頼っています。アイメイクが得意な人、眉を書くのが得意な人、肌がいつもきれいな人など、いろんな人に素直に質問して、教えてもらっています。特に、私は目が一重で小さいので、同じく一重の友達のアイラインの引き方はとても参考になりました。

無難で地味なメイクばかりしている私が言えることでもないのですが、時々、街中や電車の中で、他の人のメイクをみてぎょっとしてしまうことがあります。今まで見た中で一番驚いたのは、電車に乗っているときに見かけた20代後半くらいの女性のメイクです。頬が異常と思えるほどに真っピンクで、アイシャドーも濃すぎて目を殴られてあざでもできたのではと言いたくなってしまいました。

敏感肌はホルモンバランスの乱れに気をつける

私は敏感肌で、季節やホルモンバランスの乱れが原因で肌荒れになり悩んでいました。

今までは特に決まったケアはせず、時間が解決してくれるのを待っていたのですが、30代後半になって徐々にケアをしないとなかなか改善しなくなってきました。

そこで、いい化粧水を使用するということも考えましたが、私の場合は洗顔時に使用する石鹸にこだわってみることにしました。

今までは比較的安い洗顔フォームを使用していたのですが、肌荒れが酷くなってからは美容成分がたくさん配合された3,000円程度の石鹸をネットで見つけて購入してみることにしました。その石鹸の公式サイトでは、肌荒れの改善・シミを消す・肌のきめを整えるなどが紹介されていて、始めは半信半疑でした。

しかし、使用し始めて何と翌日には効果を感じました!

まず、昨日まで本当に酷かった肌荒れが目で見て分かるほど改善されていました。この即効性には本当にびっくりして、やはりある程度高額な商品はそれなりなのだ、と思えましたね。

また、肌荒れ以外にも期待していたシミを消す効果もしっかりと実感できて、この石鹼を使用してからは肌のあらゆる悩みが解決されたように思います。

石鹸をいい成分のものに変えただけで、すっぴんにも自信がもてるような肌になれて、他の肌ケアアイテムは減らすことができそうだと感じています。

今までは、洗顔フォームにはお金を掛けずに他の肌ケア商品にお金を掛けていたので、今後は今までとは全く逆になりそうだと感じています。ですから、今現在洗顔にはあまりこだわっていない方が肌荒れなどに悩んでいたとしたら、まずは洗顔料を変えてみてください!

髪ではシャンプーが大事とよく耳にしますが、顔も同じことが言えるのだと思います。何よりも大事なのは汚れをいかに落としていい成分を吸収できるか、なのではないでしょうか。

私もいい石鹸を使用してみて、今までの固定観念がかなり変わった気がしています。