口紅を購入するときの私なりのポイント

口紅を買いたいと思った時、その見たものが綺麗だったり流行の色だったりして選ぶこともありますね。しかし、そのことは自分にあっている色でないこともあります。そのため、口紅を購入する時には、いくつかのポイントを抑えて買うことが大事です。そのポイントついて、まとめてみました。

・使うシーンに合わせて購入する

こんな時に使いたいと思って買うことがありますね。その時、パーティなどで使う場合は、華やかな印象を出すことができる口紅がいいです。パーティでは、目立つ存在であるようにするためには、口元がポイントとなります。華やかな赤色をチョイスしましょう。

また、職場で使うとしたら、それは地味な色がいいですね。口の色と変わらないシックな色を選択することが大切です。そして毎日付ける色となるので、飽きない色ということもアリです。

・年齢に合わせて購入する

年齢に合わせて買うことは、とても大切なことです。自分にあった色というのは、ある程度の年齢になるとわかってきます。そのため、年齢が若い人は、どんな色でも挑戦することができますね。しかし、ある程度の年齢になると、シックな大人の色を選択するようにしましょう。すると、洋服や雰囲気とマッチさせることが出来ます。

・落ち着いた印象を与えるのはマットな口紅

光る口紅というのは、若若しさなどを出すことができます。その反対に落ち着いた印象にする時には、マットな口紅を選ぶことをおすすめします。

・初めて口紅を購入する時

初めて口紅を購入するときは、あまり派手の色はやめておきます。その時には、肌色に近い色から、使うことがベストです。それは、自分にあっている色がわからないからです。使っていると、少しづつ自分に似合う色がわかってくるので、その時には買い換えるようにしましょう。

・自分の肌色に合わせて購入する

人それぞれ、肌の色が違っています。自分はこれが似合うと思うと感じる口紅の色も、似合わないこともあるのです。そんな時には、化粧品専門員に相談をするといいですね。

白髪と毛穴の広がり、そして顔のたるみが気になる

私はもうすぐ40歳を迎える私が年齢を感じるときは、下の子供の授業参観や保護者会、役員会に参加した時です。

私には現在中学校3年の息子と小学校2年の娘の年の離れた子供たちがおります。上の子の時は周囲を見ても私は若い方でしたし、自分の年齢にコンプレックスを感じることもなかったのですが、小学校1年の娘の行事に参加すると、私より若くて綺麗なママさん達が多く、自分の年齢を意識するようになりました。

こんな私が最初に年齢を感じ始めたのは今から5年ほど前。最初に現れた老化は白髪でした。

元々私は母の体質に似ており、そんな母も若い頃から白髪に悩まされたと聞いていたので多少仕方がないと諦めていたこともありましたが、やはり35歳を境にどんどん白髪の数が増えて目立つようになり、白髪染めを使用しないとどうしようもない程悪化しつつあります。

それに加えここ最近は、顔のたるみと毛穴の広がりが気になるようになりました。メイクでどんなに隠そうとしても、加齢による肌の衰えは隠しきれず・・・自分の顔を毎日鏡で見たり、綺麗な芸能人を見ると、年齢に抗えない自分に多少憂鬱な気持ちを抱くこともあります。

そんな私ですが日頃からエイジングケアには多少なりとも励んでいます。

私の実践しているのは大きく3つ。

一つ目はアンチエイジングの基礎化粧品を使用することです。現在使用しているのはドクターシーラボのオールインワンゲルですが、朝晩の洗顔後肌の持ち上げるようにしてしっかりゲルを塗りこむようにしています。

二つ目に馬プラセンタの愛飲です。友人から馬プラセンタがアンチエイジングに良いと聞き、ここ3か月ほど愛飲するようになりました。

三つ目に生活リズムを整えることです。日々の生活にウォーキングを取り入れつつ、早寝早起きを心がけ、食生活においてもカロリーや栄養バランスを考えつつ暴飲暴食しないように心がけています。

ちなみにエイジングケア商品と言われて真っ先に思いつくのはドモホルンリンクル。サンプルは取り寄せたものの、すべて現品で揃えるとなると高額になってしまうので、私には敷居の高い商品です。

最近美容院で白髪とダメージに加え、頭皮が硬くなっていると指摘されたので、エイジングケアの一環で頭皮マッサージを行うようにしています。シャンプー後のタオルドライ下髪に女性用の育毛ローションを使用し地肌をマッサージするのが習慣になりました。