効果的な目の疲労回復方法とたるみ防止

目は、知らず知らずのうちに疲れが溜まってしまうことが多い器官です。

車の運転、パソコン作業、テレビ、読書など、日常生活では目を常に酷使しています。気づいた時には、目がショボショボする、充血、目の周りの筋肉が痙攣する、目の奥が痛くなるといった症状が現れてしまいがちです。

さらには、目の疲労を蓄積させたままでいると、肩こり、頭痛、倦怠感といった全身症状にまで及んでしまうことにもなりかねません。こうした疲れ目による症状や病気を引き起こさないためにも、日頃から積極的に目のセルフケアをしていくようにしましょう。

特にパソコン作業やスマホ、テレビなど、ずっと画面を見続ける状況が続く場合には、1時間おきぐらいに10分程度、目を休ませるようにします。その休憩の際に、目のストレッチをすることで、より効果的に目の疲労回復に繋がり、リフレッシュさせることができます。

目のストレッチの方法は簡単です。まずは、瞼をギュッと強くつぶった後、パッと大きく見開きます。これを数回繰り返した後、眼球を上下左右にゆっくりと動かしていきます。それぞれの方向で3秒ぐらいずつ眼球を静止させて行うのがコツです。そして最後に、眼球を右回り、左回りにそれぞれ円を描くように回転させます。

また、遠くを見たり近くを見たりする運動も効果的です。3mぐらい先のものを見たら、30mぐらい先のものを見るという動きを交互に20回ぐらい行います。できれば、屋外でなるべく遠くの目標物を見るようにするとより目の周りの筋肉がほぐれやすいです。

この他にも、目の周りのツボを押す方法やマッサージ、蒸しタオルを目の上に置くといった方法なども、目の疲労を解消するのに効果的です。

こうした目のストレッチや疲労回復法は、目の周りの筋肉をほぐすとともに、血行促進にも繋がります。これにより、目の下のたるみやクマなどを改善する効果も期待できます。普段から意識して、こまめに目のケアをしていくようにしましょう。